歯周病治療薬リグロスに期待

失った歯周組織である骨は、基本的に再生しません。しかし、昨年末、歯周組織再生療法薬リグロスが国内発売されました。以前から学会等でリグロスの骨再生効果はすごいなと注目していましたが、我々開業医でも、来春あたりに使用できそうだという情報です。当院では、再生療法薬(現在手に入る)を使用して再生療法を行ってきましたが、かなりテクニックがいることと、効果にばらつきがありました。また、自費のみで高額でもありました。どうも今回のものは、かなり期待できそうです。手に入り次第、早急に患者様に提供できるようにしますので、しばらくお待ちください。(2017年2月27日)

先日、製造メーカーから、申請手続きの案内が来ました。

いよいよリグロスが、保険で使用可能になりました。適応に会う方には、説明いたします。メーカーのリーフレットも用意しておりますので、参考ください。(2017年5月)

関連記事

  1. 歯科技工士とは

  2. カボユニットの優れた点

  3. デンタルドック(精密検査)は、診断、治療計画、見積もりに時間…

  4. カボ、シロナのユニットを長期使用して(導入から約5年~)

  5. SEC-10使用時のコツ

  6. 歯科医院での自由診療の価格差

PAGE TOP