お口のお手入れで新型コロナウイルス感染を防ごう!

連日連夜、新型コロナウイルスに関する報道ばかりですね。マスクが在庫切れでなかなか手に入らないとか?これと同じような出来事が過去にもありました。SARSです。この時もマスクが手に入らず大変でした。

でも皆さんご存知ですか?マスクでは、ウイルス感染を完全には予防できないですよ。また、マスクにもいろんなタイプがあるのを知っていましたか?

花粉予防のマスクは、割と呼吸がしやすいです。花粉は粒子が大きいのでそれを遮断できればいいのです。しかし、ウイルスは、0.1ミクロン以下なので、花粉用マスクでは、容易に通過してしまいます。買うなら、ウイルス 0.1ミクロン99パーセント遮断の物なのです。記載を注意しないと、99%遮断に騙されないでください。また、記載通りの性能が無い物もたくさん出回っています。日本のマスクは、90パーセント以上は中国製です。本当に性能のいいマスクは、非常に呼吸がしにくく、とても長時間装着できるものではありません。我々が毎日着用しているものは、荒い微粒子を遮断する呼吸のしやすいものなのです。マスク神話にこだわるよりもっといいウイルス予防があります。それが、お口のお手入れなのです。何故お口のお手入れか?説明します。

 

それでは、皆さん、風邪は、ウイルスによって起こるというのはご存知ですか?ウイルスには抗生物質は効きません。コロナウイルスも昔からあるウイルスで、風邪の原因ウイルスの一つだったのです。今話題になっているのは、新型コロナウイルスですよね。では、話を戻しましょう。予防で効果的なものはなんですか?

 

手洗い、うがいですよね。

その理由は、ウイルスは、粘膜から体の中に侵入するからなのです。主に喉です。手で目をこすった時にも侵入します。だから手洗いうがいなのです。ただ知っていましたか?口の中にばい菌(たべかすなど)がいると粘膜が荒れてウイルスが侵入しやすくなります。口の中を綺麗にする事で、ウイルスが侵入できなくなるのです。

 

では、口とはどこでしよう?歯、歯肉、舌、口腔粘膜全てです。舌にたくさんのばい菌がいますから、毎日舌ブラシで綺麗にすることをお勧めします。後は、通常の歯ブラシで歯を磨けばいいのですが、磨ききれていない人がたくさんいます。できれば、定期的に歯科医院に来院して磨いてもらったらいいですね。

歯がない人は磨かなくてもいいのか?

そうではありません。まず、歯がないままの人は、口の機能が落ちてきます。無い側に汚れがつきやすくなります。無い側が唾液の量が減ってきます。無い側の筋肉も落ちてきて飲み込む力が低くなります。新年にお年寄りの方が餅を喉に詰まらせて亡くなっていますよね。これは、昨年より飲み込む力が弱くなっているのに気づかずいつものように飲み込んでしまうからなのです。

歯が無いままにするのはやめましよう。入れ歯を入れている人は入れ歯も綺麗にしてください。入れ歯の中に細菌が入り込みます。特にカンジダ菌が根を張りますので、必ず、義歯洗浄剤を使うようにしましよう。カンジダ菌とはカビです。一旦カンジダが口の中に繁殖するとなかなか治りません。粘膜が真っ赤になるのが特徴です。意外に多いので注意しましよう。

ということで、予防は、手洗い、うがい、お口の手入れと覚えてください。

後できれば、運動ですね。軽い運動で、体の免疫力が上がります。ウイルスに感染しても結局は、自分の免疫力で治すしか無いので、日頃から免疫力が上がるよう運動してください。後は、栄養と睡眠を摂ること。なんでも噛めるお口の状態にして、よく噛むことです。よく噛めば、唾液がよく出て、唾液の抗菌作用でウイルスも侵入できません。

 

ということで、お口の健康は、やはり、ウイルス対策になるということです。

もう一度おさらいします。皆さんにやってもらいたいことです

歯を磨く、舌を磨く、入れ歯も磨いて洗浄剤を使う、なんでもよく噛む、痛くて噛めなかったりしたら治療してもらう。また、歯がない所は歯を入れる。これで、病気になりにくい健康な体になれます。

関連記事

  1. ライザップ式ブラッシング指導

  2. 知っていますか?当院には、エコノミー価格のメニューがたくさん…

  3. 韓国インプラントの価格破壊

  4. 知ってますか?口唇ヘルペスはうつる!?病院で正しい治療を!早…

  5. 集団検診を信用しないで

  6. 子ども限定の安い矯正(プレオルソ)開始

PAGE TOP