韓国ソン先生からピエゾを学ぶ

平成24年7月15、16日の2日間韓国のソウルで、歯科におけるピエゾの世界的権威の一人であるソン先生からCGF、ピエゾについて多くを学んできました。韓国は、歯科においては日本よりも進んでいます。

インプラントの需要と供給も日本の何十倍です。最近、注目のCGFは、タカシ歯科では、既に取り入れておりますが、香川県では普及率は低いようです。自己血液血小板由来のグロスファクターを豊富に含むCGFをインプラント等に使用すれば、格段に治癒、成績が上がります。

また、CGFはGBRやソケットリフトにも併用でき、人工骨を使用しないためコストダウンと治療成績アップにつながります。

CIMG0978(変換後).jpg

関連記事

  1. ハワイ大学でドクターホーマーからインプラントを学ぶ

  2. アメリカLA歯科医院見学

  3. ダイレクトボンディング(歯の白い詰め物)

  4. 恐るべし韓国歯科界

  5. 院長活動履歴

  6. リニューアルオープン

PAGE TOP