硬い歯ブラシは本当に歯茎に良いの?

硬い歯ブラシは、歯の表面の汚れを取るには、非常に効率が良いと思います。幼い子供には、それでも良いかもしれません。

しかし、硬い歯ブラシを使い続けると、少なからず、歯の表面のエナメル質を削ってしまうため、歯が黄色くなったり、しみたり、歯茎が削れてしまいます。意外に、歯と歯茎の境目の汚れ(プラーク)は残るため、歯周病を予防するには、柔らかい歯ブラシの方が良いと思います。

各メーカーの硬さ表示もわかりにくい場合があります。できれば、歯科医院で、専門の歯科衛生士に選んでもらう方が良いと思います。

当院のオススメは、GC社のルシェロシリーズです。かなり効率よくプラークがとれます。ドラッグストアーには置いていませんので、歯科医院にて購入してください。

関連記事

  1. ライザップ式ブラッシング指導

  2. 保険の歯の悲惨な現状

  3. アンダーアーマー認定プロバイダー

  4. 車の出費はインプラントの出費以上

  5. 歯科技工士とは

  6. 歯科医院での自由診療の価格差

PAGE TOP