MTAセメントで封鎖(根管治療)

歯はなるべく抜きたくないですよね?

MTAセメントは、歯根に穴があいてしまった場合や前の治療で、大きく破壊された根菅の治療に使用します。
通常の根管充填材では、完全に封鎖できないため、抜歯になります。
MTAセメントも種類がたくさんあり、常に新しく良い物を選択入手して使用しております。
根の再治療は、100パーセントの成功率とはいえませんが、当院の場合かなりの確率で保存に成功し、抜歯せずに済んでおります。
自費の根管治療時にマイクロスコープを使用しながら使います。

MTAセメントは、歯の神経を守る場合にも使用します。
MTAセメントは、保険制度では使用できないため、自費診療になります。

関連記事

  1. ラバーダムで無菌的に神経・根の治療

  2. 当院での根の治療

  3. その歯の治療の失敗で35万円の費用がかかる?

  4. 歯の神経をとったらいずれ歯が無くなる事を知っていましたか?

  5. 歯の根っこの治療(神経)

PAGE TOP