泣きの予防も、されど予防!子どもの仕上げ磨きの仕方♪イクメンパパ編☆

子どもの虫歯予防の中では、避けては通れない仕上げ磨き!

小さな子どもの仕上げ磨きの仕方に苦戦をしている保護者がほとんどのようです…

今日は上手に仕上げ磨きに取り組んでる、イクメンパパのご紹介をさせていただきます。

1歳8か月のKちゃんは、ご機嫌のよい日は自分で歯みがきを始めることもありますが、ご機嫌悪い日は泣いて嫌がることもしばしば…

今までは、ママの担当だった仕上げ磨き!Kちゃんはお姉ちゃんになるらしく、おなかか大きくなってきたママに代わって最近パパは仕上げ磨きの練習中です(^^♪

ママほど慣れてはいなくても、上唇小帯(上唇の裏側の粘膜の筋)を左手でカバーしながら上手に磨けていますね!ここに、歯はぶらしがあたると痛いので、子どもは嫌がります。

元々今日は機嫌の悪そうなKちゃん。。寝かして早々抵抗をしていますが( ;∀;)

これも、泣きの予防もされど予防‼‼小さいお子様は抑制磨きが必要です。

その時は大変だし、かわいそうに見えますが・・・

後で、親子で泣かないで良いように!後悔しないように!

日々お忙しいとは思いますが、親子一緒に頑張ってもらいたいですね☆

関連記事

  1. ホワイトニング歯磨き粉って、歯が白くなるの?

  2. コンクリートのコケと掛けまして、歯のバイオフィルムと解きます…

  3. 集団検診を信用しないで!!

  4. 痛っ!!冷たいものがしみるのはもしかして虫歯?!

  5. あわあわ♪フッ素で歯みがき☆

  6. 謎の白いツブツブ!!!

PAGE TOP