病は口から

歯周病の原因

歯周病は、人類史上最大の感染症と言われています(2001年ギネスブックより)。

歯周病は、主にP.gingivalis菌が原因と言われ、18歳以降に唾液感染します。

直接感染(ディープキス、口移し)、間接感染(直箸、食べ物についた唾液、)により感染します。不潔な人との接触注意ですね。

この菌は、赤血球ヘモグロビンのヘミン鉄を必須栄養素とし、これがないと、歯周病は起こせません。すなわち、歯周ポケット内の出血が栄養素です。

低病原性のバイオフィルムの中で、gingivalisが増えると、歯周組織の免疫力が落ち、バイオフィルムが、高病原化します。大量のサイトカインが産生され、全身に運ばれていきます。このサイトカインと菌血症が、全身に悪影響を与えます。

関節リウマチもこの菌が大きく関与していると言われています。

アルツハイマー、脳血管疾患、心血管疾患、糖尿病、慢性腎疾患、肺がん以外のガン、誤嚥生肺炎、肥満、その他たくさんです。

歯周病治療の目的は、この出血を止めることです。歯周組織だけを守るのではなく、全身疾患の予防のためにも必要です。

関連記事

  1. 光殺菌・PDT治療

  2. 3DS除菌治療

  3. 歯みがきセット

    「薬」で治す歯周内科治療

  4. 口腔内の撮影

    歯周病外来

  5. リグロス・歯周再生療法~歯周病で失った組織の回復~

  6. 口臭検査とプロフレッシュで息を無臭化

PAGE TOP