タカシ歯科のインプラント

⇒ インプラントの種類

⇒ インプラントの治療の流れ

⇒ インプラントの症例

⇒ インプラントの料金

⇒ デンタルローンの利用

 

インプラントについて詳しく説明します

インプラントとは、歯科の場合、人工歯根とも呼ばれ、失った歯の代わりに、顎の骨の中にチタン製の金属を埋入し、通常約1.5~3か月後、骨と結合したら、土台や被せものを入れて行きます。
歯を抜けたままにすると若いうちは良くても、口腔機能(咀嚼、飲み込む)の低下が早くおこり(フレイル)、高齢になった時、肺炎や窒息のリスクが高くなると言われています。
大切なことは、どの医院で行うかです。
技量差がかなり出ます。
患者さんが見極めるには、残った歯の完全な検査、歯周病治療、メインテナンス、アフターケアーができる医院かどうかです。
当院では、より安全で正確なインプラントオペを行うために、サージカルガイドの作製も行っております。
注意すべき点は、しっかりとした歯周病治療やメインテナンスを行うシステムがある医院で行うことです。
アフターケアのシステムの無い歯科医院でのインプラント治療は、危険です!

implantイメージ

インプラントと天然歯の違い(欠点)

インプラントはかみごたえを感じない事を知っていましたか?

インプラントは自分の歯より優れる事は永久にありません。
所詮は、人工代替品です。
天然歯には、歯根膜が存在します。
これには、かみごたえを感じる細胞、力を緩和する機能があります。
言い換えれば、インプラントには、かんだ感触を感じない
のです。

インプラントは、虫歯にはなりません。
しかし、歯周病は、他の歯と同様にリスクがあります。

インプラントのメリット

インプラントの最大のメリットは、欠損部位に埋入するだけで、他の歯を巻き込まなくて済むという事です。
ブリッジにするには、両隣の歯を大きく削る必要があります。
削った後も、削ったために、虫歯や歯を失うリスクが高くなります。

入れ歯も同様で、バネをかける歯を削る必要があります。
また、違和感があり、発音障害も避けられません。
入れ歯が動くたびにバネをかけた歯を揺さぶり、結局その歯の寿命を縮め
てしまします。

インプラント治療は、最大の予防治療なのです。
欠損部位にはインプラントが第一選択
です。

インプラントはメンテナンスが大切

安心安全なインプラント治療の為には、歯周病リスクを下げることや、インプラントだけでなく残った歯も一緒に守っていく予防・メンテナンスがとても大切です。現在、タカシ歯科クリニックでは、歯周病の治療~インプラント治療~その後のメンテナンスまでのシステムをご用意しております。

総額19万5千円(税別)のエコノミーインプラントもあります!

歯を失った方、残っている歯を長持ちさせたい方、入れ歯が入れられない方は、インプラントをご検討ください。

 

ブリッジは欠損歯の両隣の歯を削って、橋渡しのように繋げてかぶせる治療法です。
健康な歯でもたくさん削らないといけません。
さらに削った歯には、大きな力がかかり歯の寿命を短くしてしまいます。

入れ歯は違和感が大きく使いこなせない方もおられます。

インプラント治療担当者 医院長 昌山 孝

インプラント研究で博士号を取得
国際インプラント学会認定医

観音寺市で25年以上前よりインプラント治療をはじめ、多くの症例数を誇る。
インプラント治療を最も得意としております。

インプラント治療 総額19万5千円~60万円(税別)

50万円前後と言われているインプラント治療が、タカシ歯科では19万5千円からできます。

デンタルローンでの分割払いもできます。

残っている歯をそれ以上失いたくないなら

歯を失ったところの治療はまずインプラントをお考えください!

インプラント無料相談をしてみませんか?お気軽にお電話ください。

0875-24-4618 タカシ歯科クリニック

LINEよりお問い合わせいただくことも可能です。

当院のインプラント治療について

関連記事

  1. インプラント治療ムービー

  2. タカシ歯科のインプラントの成功率が高い理由

  3. インプラントの料金

  4. インプラントのサージカルガイド

  5. 何故インプラントなのか?

PAGE TOP