集団検診を信用しないで

観音寺市は年1回、三豊市は年2回学校歯科健診を行いますが、これは、大きな虫歯を見つけるのが目的で、小さな虫歯を見つけるのが困難です。

特に6歳臼歯(第一大臼歯)の虫歯の罹患率は高く、生えてきたと思ったら虫歯になっていたという事が非常に多いのです。歯科検診で、異常なしと診断され、半年や1年で虫歯が大きく進行していることは日常茶飯事です。また、小さな歯と歯の間の異常も検診で見つけるのは不可能です。

やはり、歯科医院で、レントゲンや明るいライトで時間をかけて検査する方がいいのです。

当院では、メインテナンス(検診を含む)を全ての方、特にお子様にお勧めしていますが、検診で異常がなかったため、メインテナンスを中断し、痛みのため来院した時には、大きな虫歯ができていたということが多いようです。また、「検診では異常なしなのに何本も虫歯があるのですか?」と驚かれる保護者の方も多いようです。

6歳臼歯は、非常に大事な歯ですが、喪失率が1番なのは、1番最初に虫歯になるためです。虫歯を治療してもそれは、修復しただけで、治ったわけではありません。再度、虫歯になったりします。それを繰り返すうちに神経を取り、将来的に歯が割れ、抜歯になっていく確率が高いのです。

当院でメインテナンスに定期的に来院される方とそうでない方の歯の状態は、明らかに差があります。

関連記事

  1. 歯科技工士とは

  2. 炭酸飲料水は歯を溶かす

  3. シロナC4+ は駄目!

  4. 口腔がん検診もしています

  5. セラミックの価格破壊

  6. 中学生

    学校検診でわかった中学生の危険な口

PAGE TOP