麻酔が痛くない歯医者

治療で痛いというのは一昔前のことです。

基本的には麻酔が効いていれば痛みはありません。

昔は麻酔の針も太く、短時間で何人も治療しなければいけなかったので、麻酔が効いているかどうかもわからないまま治療していたようです。

麻酔さえしない場合もあったとか?

タカシ歯科では、治療は痛くないのです。

何故なら

麻酔をする前に表面麻酔(軟膏をぬるだけ)をします。1分で表面の感覚はなくなります。

麻酔の針は、一番細いものを使用します。

ゆっくりと電動麻酔液を注入、場合によっては3回に分けます。

恐怖心の強い人には、笑気麻酔を使います。

下の奥歯は非常に効きにくいところです。伝達麻酔という方法で、数秒で下顎半分を一気に効かせます。口腔外科出身のため伝達麻酔を得意としています。

本当に麻酔が効いたかどうか電気歯髄診断器で調べて効いている事を確認してから歯を削ります。

以上のような事の積み重ねで痛みのない治療が可能になります。

関連記事

  1. カボE80、EX TARO、モリタ、タカラ

  2. カールツアイスマイクスコープロEXTARO300vs.プロエ…

  3. 歯周病治療薬リグロスに期待

  4. SNiPチェッカーでお子様の能力、素質を発見

  5. 口腔ガン注意

  6. リタイヤ前にやるべきだった後悔トップ20

PAGE TOP