歯科治療の保証はありえない

数年前からホームページ上でも競って5年、10年、一生保証と保証を売りにしたような記載が多くなりましたが、みなさん、よく考えて下さい。歯は電化製品や車などの規格化された製品とは違います。歯の状態、習慣、先生の技術等様々な要因の元で予後は左右されます。規格化されたものでさえ、せいぜい1年、保証をお金で買って3年、5年がいいところです。また、保証には、制約もあります。

買ったその日に落として壊した場合、保証外になります。

歯の場合、インプラントの場合、もっとも過酷な条件下で、死ぬまで何兆回も咀嚼し続けます。何が起こるかわかりません(根が割れる、前の治療が悪くて痛みが出る、歯周病でインプラントが周囲炎になる等)。それを保証といってしまうと、一歩間違えれば、詐欺にもなりかねません。10年保証と言っておいて、それ以前に、都合で、医院を閉めなければいけなくなったらどうするのですか?

これは、あなたの不注意なので、保証できませんと言えますか?

気軽に何の考えも無くただ、目先の患者獲得だけに目を捕われる保証に警告いたします。

保証ではなく、次の処置を割引いたします。という方が正直で、患者さんのためでもあります。

とにかく、日本の間違った歯科保証制度は一刻も早くやめるべきです。

関連記事

  1. 入れ歯やブリッジは歯をだめにする

  2. オステムインプラント最高

  3. カールツアイスマイクスコープロEXTARO300vs.プロエ…

  4. 次世代型ホワイトニング導入

  5. 究極のエンド SEC-10

  6. セラミックの価格破壊

PAGE TOP