インプラント

タカシ歯科のインプラント

インプラントについて詳しく説明します

インプラントとは、歯科の場合、人工歯根とも呼ばれ、失った歯の代わりに、顎の骨の中にチタン製の金属を埋入し、約1.5~3か月後、骨と結合したら、土台や被せものを入れて行きます。

成功率が高い6つの理由

無理をしない。超難症例(サイナスリフト)に関しては、高松中央病院とコラボレーションして行います。
インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなる可能性があります。当院は、予防に力を入れています。歯磨きや御自分の健康管理が不十分な方は、指導、管理してるので、歯周病で、インプラントを取らないといけないケースはゼロです。
咬合(かみ合わせのずれ)をしっかりとチェックします。かみ合わせが悪いと、頭痛、肩こり、が起こり、インプラントに過大な力がかかり骨吸収をおこしインプラントが脱落してきます。
残存歯も含めた1口腔単位の治療を行います。残存歯が、危ない状況では、インプラントに過大な負担がかかって失敗します。残っている歯を守るためにインプラントをするのです。
石橋をたたいて渡る性格です。慎重に細かく物事を進める性格です。やたらめったにインプラントをする事はしません。
常に最新、最先端の技術、材料、情報をいち早く手に入れます。大学院時代からインプラントの研究を行ってきました。知識は誰にも負けません。

PAGE TOP