ママ絶賛!離乳食の新しいかたちBLWのすすめ

「離乳食を作るのが大変」

「時間をかけて作ったのに食べてくれない」

「好き嫌いが多い」

など、赤ちゃんの離乳食は不安やプレッシャー、ストレスになることもあってとても大変、、、でもちょっと待ってください!

「離乳食はピューレ状をスプーンで与える」

その常識が「離乳食」を難しくしていませんか?赤ちゃんの本来の力を奪っていませんか?
赤ちゃん専用の離乳食は作らず固形食を手づかみで食べることにより、口と歯の発達、そして食べる力を無理なく自然に伸ばす離乳食の方法があります。

それが今、海外でも注目されている離乳食の方法「BLW」(Baby-Led-Weaning)!
「BLW」とは、赤ちゃんが食べたいものを自分で考えて食べる離乳食のことです。
タカシ歯科クリニックでは、口腔機能発達不全の子どもを減らし、正しい口腔育成を促すためにBLWをお勧めしています。

このBLWを取り入れることにより

1 ピューレ状、つぶした状態の離乳食を準備しなくて良いので楽

2 赤ちゃんがいろいろな食感に慣れ、好き嫌いが減る

3 赤ちゃんの指の筋肉、手と目の動きのトレーニングになる

4 赤ちゃんに自分でやるという意識が高まり自立につながる

など、良いことがたくさんあります。

 

BLWは

1 首が座り、背筋を伸ばして座ることができる(食べ物を飲み込むうえで大切です)

2 目と手をうまく協調させることができる(食べ物を持って口に運べる)

3 食べ物を飲み込むことができる(舌を使って押し出すことがなくなっているか)

の3つのポイントができたらスタートできます!早くからしてもダメです。

BLWで親ができることは食事を楽しませてあげることと、手だしをしないことです。
食を学ぶ時間をしっかりとり、できるようになるのを見守りましょう!
自分で食べることで食の楽しさを知り、口腔機能も発達して歯並びの良い元気な子供に育ちます。

当院では「BLW認定歯科衛生士」が在籍しており、BLWの進め方、食材選びなどより細かい指導が行えます。
BLWについて気になる方、興味のある方は気軽にご相談ください!

 

 

関連記事

  1. はりがね矯正の問題点を知っていますか?

  2. 8歳までの矯正なら取り外しのできる装置で治療できる

  3. ★フッ素のパワー★夏休みの自由研究企画!

  4. 診療室が恐い子どもへの膝上診療♪健診の時みたいに、なるべく泣…

  5. 痛くない小児歯科で虫歯ゼロ

  6. 子どもの口腔発達不全を防ぎましょう

    取り返しがつかなくなる前に!

PAGE TOP