医院によって保険外治療のレベルは全く異なる

治療した歯は治ったわけではありません。修復しているのです。

一旦、人工的に修復した歯は、虫歯や歯周病になりやすいことをご存じですか?保険で治療した歯はそのリスクが高くなることを知っていますか?

当院では、できれば制約ある保険にとらわれずに最善の治療を行って、できるだけその歯を長くもたせたいと考えております。その目的を達成する手段として自由診療を行っております。

具体的には、時間をかけて丁寧な治療を行います。

制限のない機械(マイクロスコープ、レーザー等)を使います。

制限のない材料(海外輸入、最新材料、高価な材料、インプラント)を使用します。

こだわりをもった歯科技工士(高い技工料)とタッグを組み、ぴったりとした無調整な補綴物を目指します。

※注意:目的はできるだけ歯を長持ちさせること!

その手段として自由診療を行います。

目的の無い自由診療は単に高いだけ。単に材料が違うだけです。何ら保険と変わりません。

関連記事

  1. マイクロスコープ

    マイクロスコープを使用

  2. カールツアイスマイクスコープロEXTARO300vs.プロエ…

  3. かぶせもの治療ムービー

  4. 口腔ガン注意

  5. 保険の入れ歯の質の低下 ~技工士がいない~

  6. カボユニットの優れた点

PAGE TOP