ラバーダムで無菌的に神経・根の治療

タカシ歯科での自費の根管治療(根の治療)の場合、隔壁(虫歯等で歯の一部が欠損している場合、コンポジットレジンで、壁を作ります)を作った後、ラバーダムをかけて治療に入ります。

ラバーダム

どうしてもラバーダムがかけられない場合は、zooという特殊なバキュームを使用し、唾液が入らないようにします。
ラバーダムは、麻酔をしてかけます。

保険では、数年前にこのラバーダムが点数から削除されたため、残念ながら使用することはありません。

関連記事

  1. 歯科金属アレルギーの取り組み

  2. MTAセメントで完全封鎖(根管治療)

  3. ドックベストセメント

    ドックスベストセメント、3MixよりMTAセメントで神経を守…

  4. その歯の治療の失敗で35万円の費用がかかる?

  5. 前歯をジルコニアセラミックブリッジで治療

  6. ダイレクトボンディング(前歯、奥歯)

PAGE TOP