マイクロスコープを使用

マイクロスコープを導入する前は、オーダーメードの2倍のルーペを使用しておりました。

当時これを使用して診療する歯科医師は私の知る限りでは香川県ではいなかったと思います。それから数年後、カールツァイスからもルーペが発売されたので、3.5倍のルーペを購入しました。ルーペを使用した時も肉眼とは比較にならない程良く見えまいたが、さらに欲が出て、もっと見たいと言うことで、カールツァイスのプロエルゴという最高機種を導入いたしました。

これも香川県初、四国初になります。一旦、プロエルゴを使用して根の治療や虫歯治療を行うと、肉眼での治療は、全く見えていなかったことに気づかされました。本当は保険の治療でも使えれば良いのですが、精度を要求する自費の診療をメインで使用しております。精度の高い治療にはマイクロスコープは欠かせません。また、抜歯即時インプラントを行う場合の不良肉芽の除去は完璧に行え、威力を発揮します。

現在、県内だけにとどまらず、愛媛、徳島から来院される方も増えています。

関連記事

  1. 歯科技工士とは

  2. 当院での根の治療

  3. アメリカと日本の歯の予防に対する意識の違い★

  4. 保険の根の治療の真実

  5. カールツアイスマイクスコープロEXTARO300vs.プロエ…

  6. セラミックの価格破壊

PAGE TOP