痛っ!!冷たいものがしみるのはもしかして虫歯?!

冷たいものを食べたり、飲んだりした時に痛いと思ったことはありませんか?虫歯でしみると思われがちですが、もしかしてそれは知覚過敏なのかもしれません。

*知覚過敏とは?

特に虫歯になっているわけでもないのに、冷たい水を飲んだり、うがいをした時に、しみたり、「ピリ」とするような状態を言います。他にも歯みがき、甘いもの、果物などでも痛む時もあります。

*なぜ歯がしみるの?

歯茎が下がったり(縮む)過度のブラッシング(硬い歯ブラシの使用、歯磨き粉の付けすぎ)や、歯ぎしりなどで、歯の根の象牙質部分が露出し、象牙質に無数にある細い管(象牙細管)を通して刺激が歯の中にある神経(歯髄神経)に伝わるため、不快感や痛みを生じます。

*治療法は?

・まず第一にしみている部分を清潔に保つことです。細菌の集落が象牙質の細い管の周囲にできていると、症状が改善しにくくなり、一度改善した部分も必ず再発してきます。清潔にされた象牙質の細い管は、唾液の中のカルシウムなどのよって自然に閉じていき、痛みを感じなくなってきます。成人の場合はできるだけ軟らかい歯ブラシを使用した方がいいでしょう。研磨剤のたくさん入っている歯磨き粉は、あまり多く付けないでください。

・歯が削れている場合には、詰め物をします。しかし、原因を除去しないと再び歯が削れたり、詰め物が取れたりします。

・噛み合せの関係で、歯に過剰な力がかかっているような場合は症状が治まりにくいことがあります。そのような場合には、力を弱める処置として、歯を安静に保つ必要があります。

・どうしてもしみるのが強い場合は、歯の神経を抜いてしまえば痛みはなくなります。ただし、神経を抜いてしまった歯は変色したり、質がもろくなったしまうといった代償があります。(寿命が半分程度まで短くなってしまうともいわれています)できれば避けたいものですが、最後の手段として用いることもあります。

*冷たいものがしみることに悩んでいる方は早めの処置が大切なので、一度スタッフにご質問ください!

関連記事

  1. 歯科用のCT!

  2. 広島出張☆小児歯科セミナー♪~小児歯科って、いつから(何歳か…

  3. 子どもの仕上げ磨きの仕方・練習

  4. 歯の根っこの治療

  5. こんな癖ありませんか?

  6. 本日は改装のため休診日!スタッフミーティング中☆

PAGE TOP